鈴木奈々 カラコン ツッティ ジェム

名づけに関して思うこと
息子の時も娘の時も名づけには本当に悩んだ。
画数も考えたし夫婦で何度も話し合った。
でも名前を考えるのは本当に楽しかった。
夫婦でつけたい名前がなかなかかみ合わず、悩んだりもした。
でも親が子どもに一番最初にあげるプレゼントだ。
一生懸命考えなくては子どもに失礼だと思った。
今キラキラネームと言われる読めない名前がはやっている。
漢字を見ただけではまるで読めない。
不思議な名前の子もたくさんいる。
息子の友達の中にもそういったキラキラネームの子が存在する。
正直言って可哀そうだと思う。

 

カラコンでキラキラしているものは私もつけるけど、子供の名前がキラキラしていては一生の台無しだ。
正しく読んでもらえなくて何度も聞き返される。
これから一生そうやって生きていかなくてはならない。
子どももいつかは年をとるのだ。
それなのにキラキラネームだなんて可哀そうだとは思わないのだろうか。
色々な考え方があるのでこれはあくまでも私の考え方だ。
なので私は誰でも読めて書ける、意味のある名前をとずっと思っていた。
その中で子どものことを思って考えた。
意味も感じも響きも。そして一つの名前にたどりついた。
子どもは親の付属品じゃない。独立しても名前は一生背負っていくのだ。
余計なお世話かもしれないがもう少し考えて名づけてあげてほしいな、と思った。